ショウガナイさんに、【両忘】を感じる。

投稿者: | 2015年1月3日

娘と一緒に「アンパンマン」を見ていたら
ショウガナイさんというキャラクターが出てきました。
その名の通り、食べる生姜です。
ショウガナイさんは歌いながら登場するんですよね。

「ショウガナイったら、ショウガナイ~。
 ショウガあるけど、ショウガナイ~。
 メソメソしてても、ショウガナイ~。
 落ちこんだって、ショウガナイ~。
 大きな声で笑っちゃお~。
 すぐにいいこと思いつく~。」

やけに覚えやすいメロディで、
ショウガナイことを繰り返します。

ショウガナイさんの歌を聴いてたら
禅のことば、【両忘】を思い出しました。

【両忘】とは
良いことと悪いこと、好きなことと嫌いなこと、苦楽、善悪などの両極を忘れて、無我の境地を志向すること。

無我の境地なんて言うと、何やらむずかしそうですが・・・。

好きな方と嫌いな方のどちらを選ぶかと聞かれたら
ふつうは好きな方を選びますよね。
嫌いな方になってしまったらがっかり。
苦しいことはいやだなあ。
悪いことは起こってほしくないと思います。

それでもショウガナイ。
いやなことがあってもショウガナイ。
良い悪いのどちらに当たってもショウガナイ。
ショウガナイって言って
進んでいくしかないわけです。

ショウガナイさんは悟りの境地にいるのかな~
なんてことを、アンパンマンを見ながら考えてみました。
 

わたしは禅のことばや老子が好きなわりには
「何事にもどっしりとかまえる」なんてこと全くできてなくて
日々あれこれと思い悩むことが多いんですが・・・。

何かに迷ったときにはショウガナイさんを思い出して
「ショウガナイったら、ショウガナイ~」
って歌ってみようと思います。