三浦しをん『悶絶スパイラル』。

投稿者: | 2014年5月9日

三浦しをん。
ご存じでしょうか。
小説家です。
ずいぶん映画化もされていますね。

たとえば
『舟を編む』
『まほろ駅前多田便利軒』
『風が強く吹いている』
『神去なあなあ日常』
(映画のタイトルは『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』)
など。

小説は読んだことがなくても
映画をご覧になった方はいるのでは。
 

その三浦しをんのエッセイがめちゃくちゃおもしろいです。
同じ人が書いているとは思えないくらい
小説とエッセイでは雰囲気が違います。

作者が日々接している人たちとの会話ネタが多いです。

姉(三浦しをん)のことを「ブタ」と呼ぶ弟。
少女まんがや映画について語り合う友人たち。
タクシーの運転手さん。
電車の中での子どもたちの会話。
ファミレスでのサラリーマンたちの会話。

ネタの宝庫と言える人がたくさん登場。
なんでこんな人がまわりにいるの?と思うことがしばしば・・・。
変わった人たちが集まるのか。
人を観察するのがうまいのか。
日常の中にあるおもしろいことを見つけるのがうまいのか。

そのあたりは謎ですが
とにかく笑えます。
 

オダギリジョーが好きで
少女まんがが好きで
BLが好きで・・・。
そんな作者の日常は
妄想にあふれてて
破壊力ばつぐん。

こういう本は
まとまった読む時間がとれなくても
こまぎれで軽く読めるのがいいですよね。
あと、いろいろ考えこんでいるときに読むと
「まあいっか~」
っていう気持ちになってきますね。
それがいいか悪いかは別として・・・。
 

エッセイでは
『悶絶スパイラル』のほかにも
『桃色トワイライト』
『乙女なげやり』
もおすすめ。

電車の中で読むと危険ですよ・・・。


カテゴリー: