妊娠を希望して、鍼灸治療をされる方。

投稿者: | 2014年7月29日

妊娠を希望して、鍼灸治療をされる方。
今までにこんな方々がいます。

・赤ちゃんがほしいと思っているが、なかなか妊娠しない。
 (医療機関には行っていない。)
・夫婦で不妊検査をしたが、特に原因が見つからない。
・医師の指導のもと、タイミング法を行っている。
・人工授精や体外受精を行っている。
・排卵誘発剤の副作用(吐き気)をやわらげたい。
※排卵誘発剤の副作用は、すべての人に起こるわけではありません。
 また、副作用がある場合は必ず医師にご相談いただいてから鍼灸治療を行っています。
・さまざまな不妊治療を経て、医療機関での治療を少しお休みしたい。その間、東洋医学でからだの状態を整えたい。

 

ひとくちに「赤ちゃんがほしい」と言っても
状況はさまざまですよね。

患者さんの状況や年齢によって
治療とアドバイスも違ってきます。

 
すべての方にあてはまるわけではありませんが
必要とされる検査を受けていなかったり、
鍼灸治療より医療機関での治療を優先した方がよいと考えられる場合には
きちんとそのこともお話しています。

鍼灸は魔法ではありませんから
とても効果的な場合もあれば
医療機関での治療を優先した方がいい場合もあります。

医療機関で不妊治療をしている方は
そのスケジュールに合わせてこちらの治療を組んでいきます。

精神的、体力的、そして経済的にも
患者さんにとってできるだけ負担が少ないようにしつつ
最大限の効果をあげられるように、考えています。

 

妊娠へいたるからだ作りとして
鍼灸治療はとても効果的なことは事実。
とくに、お灸がよいですよ!!

赤ちゃんがほしい。
でも鍼灸治療はやったことがなくて、ちょっとこわい・・・
という方も。
ご相談くださいませ。